今回は、大手取引所のビットフライヤーがリスクの取り扱いを
開始したことについて、お伝えします。

 

リスクの取り扱い開始

2018年1月31日、とうとうビットフライヤーで、
アルトコインのリスク(LISK)の取り扱いが開始されました。

 

リスクについては、こちらの記事でもご紹介しています。

この暗号通貨は、ちょっと変わった特徴を持っているのですが、
将来性はしっかりありました。

 

ところが、これまで国内で取り扱っていたのは、コインチェックのみ。

 

そこにビットフライヤーが上場したのですから、
これからリスクの市場はもっと盛り上がっていくことが期待できます。

 

もともとビットフライヤーは、以前からなんらかのアルトコインを上場する、
という発表はしていたようです。

 

では、なぜ今回、ビットフライヤーもLISKの上場を決めたのでしょうか。

 

リスクは、イーサリアムの改良版といってもいいアルトコインです。

 

サイドチェーンという特殊なブロックチェーンを利用して
イーサリアムの欠点を補っているのです。

 

プログラミング言語も一般的なものを使用していることから、
開発に参加しやすく、これからどんどん改良されていく余地が
あります。

 

こういった点などから、ビットフライヤーは、
リスクには他のアルトコインを上回る魅力があると判断した
のではないでしょうか。

 

 

そして、今回の上場はタイミングが絶妙でした。

 




 

コインチェックのNEM流出事件の直後だったからです。

 

この事件によって、コインチェックの利用者は、
取引所への信頼を失ってしまっただけでなく、
取引中止という現実的な問題にも直面しました。

 

コインチェックよりもビットフライヤーを選択した方や
選択せざるを得なかった方が大勢いらしたことでしょう。

 

 

もちろん、価格は上昇しました。

まあ、何か話題があると、その暗号通貨の価格が
上昇するのはいつものことですが……

 

もちろん、今回のビットフライヤーでの上場によって、
リスクの価格も上がりました。

 

ちなみに、1月30日あたりまでは2.400円前後でしたが、
31日を目前に上昇を始め、いっときは3,000円を超えたみたいです。

 

もともと、2017年12月頃からのビットコインの価格上昇と共に
上昇はしていたのですが、やはり2018年1月には落ち込んでしまっていて、
そこに、ちょっとした起爆剤になったようです。

 

ただ、まあ、上昇すれば下降する可能性も十分にあるので、
これからの動向を注視していく必要があります。

 

 

ちなみに、2018年2月11日からは、
スマホアプリでも取引が可能になったことを発表しています。

どんどん取引が便利になっていきますね。