今回は、暗号通貨を安全に扱えるようにするための仕組みや
取り組みについてご紹介します!

 

2018年1月のNEM(ネム)流出は、
本当に大きな騒動になってしまいましたね。

 

利用者の方は、まだまだ不安な思いをされていることでしょう。

 

しかし、理論的には、
暗号通貨は高いセキュリティを保てるものと言われています。

 

今回のコインチェックの流出事件は、
会社側のセキュリティ不備の部分が目立ってしまいました。

 

では、どうしたらもっと安全に暗号通貨を使えるように
なるのでしょうか?

 

様々な対策が図られていますが、
そのうちのいくつかをご紹介します。

・ブロックチェーン
・マルチシグ
・二段階認証





 
 

ブロックチェーン

このサイトでも何度かご紹介している『ブロックチェーン』。

 

暗号通貨を運用するシステムの大元になる技術です。

 

ブロックチェーンの管理は、
どこかの会社や組織が行なっているわけではありません。

 

世界中の様々な人が所有するコンピュータを使って、
情報の管理や処理を行っているのです。

 

それは、『多くの人が監視している』ということと
同じ意味を持ちます。

 

取引の情報も、書きこまれる時や書き込んだ後に
書き換えられていないか、正しい情報か、
チェックされます。

 

そうして、情報の安全を保つのです。

 

 

しかし、情報を扱う人間に悪意があった場合、
それを防ぐことは難しいようです。

 

例えば、ブロックチェーン上で100BTC取引するはずのところ、
1,000BTCの取引になるように情報を改ざんしたら、
それを判別することができます。

 

ところが、不正なアクセスがあって、
その犯人から1,000BTCを送金するという指示が出されても、
それが悪いことなのかどうかは判断することができないようです。

 

つまり、犯人は、不正アクセスさえ出来てしまえば、
暗号通貨を引き出すことができてしまうのです。

 

こういった出来事を防ぐために、
取引所では『マルチシグ』や『二段階認証』という方法を
取り入れています。

 

 

マルチシグ・二段階認証

 

『マルチシグ』とは、マルチ・シグネチャの略称です。

 

暗号通貨の取引を行う時、
本当に本人が行なっていることを証明するために、
秘密鍵というものを利用しています。

 

簡単にいうと、マルチシグとは、その秘密鍵を複数利用して、
安全性を高めている方法のことです。

 

あくまで例えですが、泥棒が金庫の鍵を開けようとしたら、
1つの鍵しかついていなければ、時間も手間も一回だけですよね?

 

その鍵が複数あれば、それだけセキュリティは高くなります。

 

 

 

『二段階認証』とは、取引所を利用する上で、
利用者を認証する方法の1つです。

 

『Google Authenticator』などのアプリを利用して、
通常のログインよりセキュリティを高めています。

 

 

 

今回ご紹介した他にも、色々なセキュリティ対策が行われています。

 

もちろん、自衛することも重要なのですが、
技術的にセキュリティが高まっていくことにも期待したいですね!