最近熱いアルトコイン『Ripple(リップル)』。
今回は、このリップルの人気について書かせていただきます!

 

多くの暗号通貨が現れる中で、信頼を得て、
取引所への上場がなされる通貨はほんの一部に過ぎません。

 

そんな貴重な暗号通貨の1つが、『Ripple(リップル)』です。

 


 

 

暗号通貨の価格下落に抗う

 

2017年12月からビットコインの価格の下落が本格化しました。

 

もちろん、他の暗号通貨もこの煽りを受けるなどして下落しましたが、
逆に、高騰を続けた暗号通貨もあります。

 

リップルもそんな暗号通貨の1つです。

 

2017年12月の半ば頃までは20円台を推移していたのですが、
その後、2018年の半ばには一気に400円台まで高騰しました。

 

多くのアルトコインがそうであるように、リップルもまた、
ビットコインの欠点を補い、ビットコインを超えることを
目的に作られています。

 

では、一体どういう点に期待を受けて、今回の高騰の繋がったのでしょうか?

 

 

リップルへの期待とは

リップルは、決算プロトコルです。
この『リップル』とはプロトコル名で、
このプロトコルが発行している通貨も含めてリップルと呼ばれています。

 

通貨単位は「XRP」なので、取引所などではこちらが表記されているので、
ちょっと探してしまいますね。

 

リップルが生み出そうとしているのは、
通貨と通貨の間を取り持つ『ブリッジ通貨』としての価値です。

 

様々な国の通貨と暗号通貨の間を取り持ち、
国を越えて行われる送金のスピードを上げることが
期待されています。

 

簡単に言ってしまえば、
これまで長くて数日かかっていた銀行の送金が、
なんと数秒で行えてしまうということです。

 

時間だけではなく、コストだって少なくて済みますよね。

 

 

この技術を取り入れようとする企業も増えました。

 

特に、送金を行うことが主要業務である金融機関が
大注目しているようです!

 

2017年3月に、東京三菱UFJ銀行がリップルを利用した
ネットワークの導入を発表しました。
その後、価格がはね上がったことからも、影響力の凄さが
伺い知れます。

 

ちなみに、リップルの運営会社への出資者には、
世界のグーグル(Google)もいるんですよ。

 

どれだけ期待されているかがよくわかりますね。

 




 
 

おまけとして、リップルの面白い点をもう一つご紹介します。

 

たいていの暗号通貨は、ブロックチェーンを利用した非中央集権性によって
公平で安全な取引を保証しています。

 

ところが、リップルはその逆で、中央集権的な暗号通貨と言えます。

 

そのため、「仮想通貨ではない」という批判がされることもあるのです。

 

しかし、リップルは間違いなく、強い期待の寄せられている暗号通貨の1つです。

 

ぜひ、これからも注目してみてください!