今回ご紹介するのは、ビットコインを始めとした暗号通貨を
利用できるサービスについてです。

 

以前に投稿した記事でもご紹介しているのですが、
またぞくぞくと増えていきているので、
今回は新たなサービスをご紹介します。

 

 

ビットコインは、さらに使えるようになりました

 

次々とサービスを増やしている代表格が、大手取引所の『bitFlyer』です。

 

ざっと並べても、これだけのサービスの提供に取り組んでいます。

 

 

2017年11月から、株式会社ビジコムとビットコイン決済サービスに
対応したPOSレジの提供のために、業務提携を行なっています。

 

POSレジというのは、スーパーやコンビニなどで使われている、
販売情報の管理をするシステムのついたレジです。
在庫の管理や商品発注のために、そのデータを利用しています。

 

 

ビックカメラでは、2017年12月から実店舗以外に、
『ビックカメラ.com』でもビットコインでのお買い物が
できるようになっています!

 

 

ビットコインで輸入車を買った、なんて話が出てきたと思ったら、
2017年12月20日から輸入中古車専門店『LIBERALA』でも
決済サービスの提供を開始していました。

 

 

そして、ついに、飲食業界でも……
2018年の春には、『ぐるなび』と連携して、
ビットコイン決算サービスを提供する予定のようです。

 

飲み会の支払いがビットコインになる日も近いですね。

 

 

あとは、『ヤマダ電気』にビットコイン決済サービスを
提供することも発表しています!

 

 

他にも、『写真AC』のように、
投稿のお礼にビットコインを贈るサービス(投げ銭)を
開始したところもありますよ!

 




 
 

イーサリアムだって使えるんです!


ビットコインだけでなく、イーサリアムを積極的にサービスに
利用している場合もあります。

 

 

2017年にとうとう、イーサリアムの決済サービスが
開始されました。

ビットコインよりも決済スピードが速い点に
期待されているようです。

 

 

もう1つ、イーサリアムから開発されたゲームが注目されています。

 

今有名なのが、猫を育成するゲーム
『CryptoKitties(クリプトキティズ)』。

 

『たまごっち』のようなゲームで、
飼っている猫から新たな猫が誕生して、
種類を増やせたりするようです。

 

ちなみに、猫は売り買いできて、
支払いはイーサ(イーサリアムの通貨名)で行います。

 

どうやら、少し前に、イーサリアムの送金が滞っていたのは、
この『クリプトキティズ』が大人気なのが原因らしいですよ。

 

 

 

暗号通貨のシステムは、通貨としての価値だけではなく、
様々なことに利用することができます。

今、まさに、その価値を高めている最中なのです。