今回お伝えするのは、『取引所』と『販売所』、
そして、『交換所』についてです。

 

 

これまでは、ビットコインを始めとした暗号通貨の
取り引きを行う場所を『取引所』とだけ呼んできました。

 

しかし、実は『取引所』と一口に言っても、
その中では『取引所』としての機能と『販売所』としての機能を
合わせ持っている場合がほとんどです。

 

では、『取引所』『販売所』、ついでに『交換所』は、
それぞれ、何が違うのでしょうか?

 

取引所(交換所)とは

 

暗号通貨を買いたい人と売りたい人の仲介をする場、
プラットフォームです。

 

『取引所』と『交換所』ですが、
両者は同じものという考えてもよさそうです。

 

2017年4月に施行された改正資金決済法(通称:仮想通貨法)
によって、取引所は『仮想通貨交換業者』として登録することが
義務づけられました。

 

業者名が『交換業者』なので、
『交換所』と呼ぶ方が誤解がないのかもしれませんが、
最近は『取引所』がすっかり主流になっています。

 

 

取引所のサイトを見ると、『買い板/売り板』といって、
数字がずっと動いているコンテンツがありますよね。

 

これを見て、売り買いの意思表示をすることで
取り引きが進みます。

 

ただ、ユーザー同士の間で売買をすることになるので、
条件が合わなければ、取引が成立しないこともあるのです。

 

販売所とは

 

私たち『ユーザー』と、『販売所を運営している企業』との間で
暗号通貨を売買する場所のことです。

 

bitFlyerでは、はっきりと『販売所』と『取引所』を分けています。

 

つまり、bitFlyerの『ビットコイン販売所』では
以下のことができるのです。

・ユーザーが、bitFlyerからビットコインを購入する
・ユーザーが、bitFlyerにビットコインを売却する

 

販売所を運営している企業との取り引きするので、
表示価格で売買が行われ、わかりやすいです。
なにより、確実に取り引きを行うことができます。

 

単純に売買をしたいだけなら、取引所よりもずっと単純で
わかりやすいでしょう。

 

 

ただ、やはりデメリットはあります。

 

当然、運営企業が取得する手数料などが発生しているので、
その分の金額を差し引きしています。

 

購入価格は少し高めで、
売却価格は少し安めになってしまうのです。

 




 
 

まとめ

 

『取引所(交換所)』と『販売所』のどちらがいいか、
ということは、なかなか言えないです。

 

どちらにもメリットとデメリットがあるので、
そのあたりを把握して、自分がやりたいことに合う方を
選ぶしかないでしょう。

 

最初は『販売所』を利用して、
慣れて来たら『取引所』に挑戦してみる、
というのも1つの手かもしれませんね!