今回は、ジーキャッシュ(Zcash)というアルトコインについて
お伝えします。

 

ジーキャッシュ(Zcash)とは

 

ジーキャッシュ(Zcash)は、2016年10月に公開された
アルトコインで、通貨単位は『ZEC』です。

 

国内の取引所で取り扱っているのは、今の所、
coincheckだけのようです。

 

 

この暗号通貨の特徴はなにより、その「匿名性」です。

 

通常、暗号通貨はブロックチェーンを利用しているので
匿名性が高いのですが、アドレスと送金情報は公開されています。

 

つまり、第三者が
「どのアドレスからどのアドレスにいくら送られたのか」
という情報を閲覧することが可能なのです。

 

 

大勢の人間による監視によって、セキュリティを高めるという、
ブロックチェーンの思想上、必要なことではありますが、
匿名性は完全とは言えませんよね。

 

あ、もちろん、このアドレス自体は暗号化されているので、
個人情報がわかるわけではないですよ。

 

 

ところが、ジーキャッシュは、
『ゼロ知識証明』と呼ばれる技術を使用して、
その問題をクリアしたのです!

 

この技術は、アドレスも金額も匿名にしながら、
その取引の「正当性」を証明できるのです。

 

 

ただ、この完全な匿名性というのは、
マネーロンダリングに利用される恐れがあります。

 

マネーロンダリングというのは『資金洗浄』のことで、
犯罪で得た、表立って使えないお金の出どころを隠し、
正当な手段で手にいれたお金のように見せかけることです。

 

そのため、法律で規制されてしまう可能性があるのです。

 

 

しかし、どんなアルトコインにもメリットと
デメリットがあります。

 

ジーキャッシュは、その有用性、メリットの部分が認められて、
大企業との提携などが行われています。

 

 

SPONSORED LINK




 

ジーキャッシュ(Zcash)、ここがスゴイ!

 


アメリカ大手銀行のJPモルガン・チェース銀行を
ご存知でしょうか?

 

2017年5月、この銀行が、ジーキャッシュと提携を
行いました。

 

ジーキャッシュの持つ『ゼロ知識証明』技術を
セキュリティに利用するためのようです。

 

 

他にも、韓国で最大の取引所であるBithumb(ビッサム)でも
上場されました。

 

どうも、この件でだいぶ価格が高騰したようです。

 

なにしろ、この取引所は2017年11月の時点で、
その取引量が世界一なので、影響力は世界規模になります。

 

 

まとめ

 

一時期200万円を超えたビットコインに比べると、
まだまだ価格の安い方であるジーキャッシュ。

 

ですが、ここ半年ほど、伸び率は高いままです。

 

もしかしたら、今が狙い目かもしれませんね!