2017年11月、再度の分裂が回避されたビットコインが大暴落しました。
その代わり、ビットコインキャッシュが急上昇。
今回はその話題についてお伝えします!

 

え、ビットコインが大暴落?!

11月2週目の前半頃までは、ビットコインのみならず、
ビットコインキャッシュなどのアルトコインの相場も、
のきなみ上昇していました。

 

 

ビットコインに関して言えば、最高値に到達したようです!

 

 

ビットコインゴールドの分裂の煽りもあるようですが、
それと同時に、大手先物取引所CMEがビットコイン先物取引を
開始すると発表したことが大きいようです。

 

 

CMEとは、シカゴ・マーカンタイル取引所のことで、
北米で最大の金融と商品の先物取引所です。
なんと、日経平均株価にも影響を与えるほど、
重要な取引所だそうですよ!

 

 

しかし、11月9日にビットコインの分裂が回避されると
発表されました。
(これは、何度かお伝えしている11月に予定されていた
分裂のことです)

 

 

その後、ビットコインが最近の高値から3割下落するという、
大暴落を起こしてしまったのです。

 

 

ところが、8月にビットコインから分裂した
ビットコインキャッシュの方は、上昇を続けました。

 
 




 

 

どうやら、ビットコインキャッシュが、
本家であるビットコインにとってかわるという疑惑(予想?)が
あるようです!

 

そのため、投資家たちがビットコインからビットコインキャッシュに
資金を移しました。
それが、今回のビットコインキャッシュ高騰の原因のようです。

 

 

 

さて、そのビットコインキャッシュですが、
なんと、11月14日分裂していました。

 

ビットコインキャッシュの分裂

ビットコインの大暴落とは反対に、
相場が伸びていたビットコインキャッシュですが、
なんとこちらも分裂をしていました。

 

 

11月14日、ビットコインキャッシュは
ハードフォーク(分裂)を完了しています。

 

 

どうやら、『ビットコインキャッシュ・クラシック』と
呼ばれているようです。

 

 

引き続き、注視していきたいと思います。

 

 

 

さて、分裂によって、ますますビットコインキャッシュの相場が
盛り上がる、と思いきや、
ビットコインのほうも大暴落後には復活をしていました。

 

 

 

17日にはさらに最高値を記録しています。
やはりCMEの進出が大きな要因のようです。

 

 

11月だけでかなりの乱高下を見せていますが、
それだけどちらの暗号通貨も期待値が高いということ
かもしれませんね。

 

ビットコイン、そしてビットコインキャッシュから、
ますます目が離せない状況です!