今回は『アルトコイン』についてご説明します。

 

アルトコインとは

 

 

『アルトコイン』、あるいは『オルトコイン』と呼ばれています。
「alternative coin」の略称で、「代わりのコイン」を意味し、
つまり、ビットコインに代わる暗号通貨の総称になります。

 

 

ビットコイン以外の暗号通貨を指すので、
今ではかなりの種類が流通しています。

 

 

これまでご紹介してきたアルトコインを含めて、
国内で取り扱いのあるものだけでも、これだけあります!

・イーサリアム
・イーサリアム・クラシック
・ダッシュ
・ライトコイン
・モネロ
・リップル
・ネム
・リスク
・ファクトム
・オーガー
・ジーキャッシュ
など……

 

 

市場に流通していない暗号通貨も含めると、
1,000種に及ぶとも言われています。

 

 

ちなみに、2017年8月にビットコインから分裂した
『ビットコインキャッシュ』も、
アルトコインとして扱われています。

 

 

 

ちょっと複雑なアルトコインの事情

 

 

アルトコインが生まれたのは、
ビットコインの欠点を補う暗号通貨が必要とされたからです。

 

 

例えば、イーサリアム。

 

この暗号通貨は、ビットコインの技術を下地としていますが、
ただ取引情報を保管するだけでなく、
『スマートコントラクト』という契約自体を管理する機能が
付け加えられています。。

 

 

ここで少し、ビットコインとアルトコインの多くに見られる違いについて
ご説明します。

 

ここで少し、ビットコインとアルトコインの違いについてご説明します。

 

 

ビットコインは、ブロックチェーンの技術を使った『暗号通貨』の名称です。

 

しかし、市場に流通しているアルトコインの多くは、
『暗号通貨』ではなく『プラットフォーム』の名称なのです。

 

ただ、このプラットフォーム名を通貨名として使用している場合が
あるので、少々紛らわしくなっています。

 

SPONSORED LINK





 

イーサリアムを例にとりましょう。

 

イーサリアムは、『イーサリアムプロジェクト』という計画、
というか組織?が提供している『プラットフォーム』です。

 

 

そのプラットフォーム内で使用されてる暗号通貨は、
「ether(イーサー)」といい、
その通貨の単位が「ETH」となっています。

 

ただ、一般的には、この通貨を扱う際にも、
呼称として『イーサリアム』を使用しているのです。

 

 

正確な表現ではないのでしょうが、
イーサリアムというRPGゲームがあって、
そのゲーム内で使える通貨がイーサーと呼ばれている、
というのが感覚として近いのかもしれません。

 

 

イーサリアムはビットコインに次ぐ暗号通貨です。
今後ビットコイン以上に活用される可能性を秘めています。
既にいくつかの会社が店舗決済サービスで
イーサリアムを利用できるように進めているようです。

 

 

本来は1つのゲーム内でしか使えなかった通貨が、
インターネットの力で他のことに使えるようになった、
と考えると、なかなか面白いとは思いませんか?