2017年8月1日、ビットコインが分裂しました!

今回は、分裂(専門用語では「分岐(フォーク)」といいます)した
もう一方の仮想通貨『ビットコインキャッシュ』をご紹介します。

 

ビットコインキャッシュとは

 

ビットコインキャッシュは、仮想通貨名をBCHまたはBCCといいます。
どうも、未だに名称が安定していないようです。
(大手取引所ではBCHを使用しているようですが、一部ではBCCも使用されています)

 

分岐前、ビットコインは急激な利用者数の増加により、
増えた送金を捌ききれなくなっていました。
そもそも、ビットコインのブロックチェーンと呼ばれる取引台帳は、
データ容量が1Mバイトと決まっていました。
ですから、それ以上の取引は記載することができないのです。

その容量を緩和して、より多くの取引処理を行える、
という理論の元でつくられたのが、ビットコインキャッシュです。
こちらのデータ容量は8Mバイトに拡大されています。

 

"ビットコイン"という名称が使われていますが、
台帳の大きさも開発者も参加者も違うので、
ビットコインとはまったく違う、新しい通貨と考えた方が良さそうです。

 
 

SPONSORED LINK





 

BCH/BCCの今までとこれから

 

分岐前は、「利用者離れが進む」といった懸念や、
「すぐにビットコインに吸収されて再統一されるのではないか」などと
推測されていました。

しかし、実際には価格は上がり調子で、
この騒動の話題性によって買いが集まったようです。
日本や海外の取引所でも取り扱いが増えています。

多くの取引所では、7月31日以前にビットコインホルダーだった人には
同じ単位のビットコインキャッシュを割り振ったそうです。
つまり、保有している仮想通貨が一夜にして倍になったというのです。
※BTCとBCH/BCCでは、価値自体は全然違いますよ!

もちろん、良い面ばかりあるわけではありません。
ビットコイン派の人たちが懸念していたのが、
ビットコインがお金のある人たちに支配されてしまうのではないか、
ということです。

ビットコインのマイニング(採掘)には誰でも参加できますが、
その処理に使用する設備を得るための資金が必要になります。
データ容量を大きくするということは、利用者を増やせる一方で、
資金が潤沢にあるユーザーが有利になってしまうのです。

 

また、9月初旬には中国がIOCの禁止を発表したことで、
ビットコインなどの価格が急落しました。
持ち直しているようですが、まだまだ不安定なところがあります。

当然、出来たばかりのビットコインキャッシュも、
他の仮想通貨と同様に、先行きは不透明です。
常に注視していく必要があります!