巷で話題の未公開の暗号通貨!週刊現代で吊るしあげられる

先日週刊現代からこんな記事が出ていました。


“過熱する仮想通貨「投資セミナー」に潜入!そこで目にした驚きの実態”


ノアコイン。


暗号通貨をそれなりに知っている人なら、馴染みのある?一度は聞いたことがあると思います。


今話題ですよね~!


もしかすると、初めて手にした(正確には、購入した)暗号通貨がノアコインの人もいるかもしれません。
ノアコインは賛否両論があり、私の個人的な意見としては、まだ未公開の通貨であり賛否の付け所がないのが正直なところです。


私は購入を見合わせています。


もともと、投資でも通貨でも、ある程度は信用のおけるものベースにやっているので、私からすると未公開通貨ほど怖いものはありません!!




絶えない「被害報告」と徐々に増える「報道」



さてこの『ノアコイン』


以前から「被害にあった」と消費者センターなどに訴える人がちょくちょくいたのも知っていたのですが、ここ数か月で被害の報告者数が激増(*_*)


先日もNHKのニュースでもチラっと報道されていましたが、先日も週刊現代で取り上げられたように、徐々にこのような報道が増えていくのでしょうね。


いい迷惑ですよ!


このようなマイナスなニュースで「やっぱり暗号通貨は怪しいものなんだ」と、認識されてしまいますからね。
もっと大々的になれば、他のコインの相場も影響させてしまうでしょう。


とても残念です。




投資は自己責任



ノアコインを悪くは言いませんが、ノアコインの「宣伝方法」はかなり行き過ぎているのかなと思います。


ノアに限らず、最近はMLM要素を含んだビットコイン投資などでも、行き過ぎた宣伝をよく見かけますよね。


多かれ少なかれ、暗号通貨を始めている人はどこかで「失敗」を経験しているのではないでしょうか?


もちろん私だって、うまい文句に引き寄せられ、痛い目みたこともありますよ(*’▽’)
ただ、これは勉強代だったな~と思っています。


もしあなたが「失敗」を経験していて、それが誰かの「過剰宣伝」によるものだったなら、今はまだ経験がなくても、今後このような失敗を起こしてしまったとしたら、


まずは自分を責めてください!





もちろん過剰宣伝した人も悪いです。


ただ、あなたがその投資話に乗った時、下調べはしましたか?




軽い下調べは論外です。しっかり隅から隅まで、下調べをしましたか?




そして、そのアップの方に頼りきりではありませんでしたか?




痛い目を見た人全員ではありませんが、「詐欺にあった!」と騒ぎ立てる人に限って、これが出来ていない人がほとんどです。


もし仮に、自分自身が、その案件を念入りに調べて上げてから始めていたのなら、そのような考え方にはならないはずなのです。


十分に調べ上げた上で始めたわけですから、納得して始めたことになります。


もしそこで、ちょっと不安要素があって始めたのなら、それは自分自身にも非がありますよね。




投資は自己責任。




人のせいにしてはいけませんし、頼りっぱなしでもいけません。




すごい詐欺に遭って、相当な金額を失ったとしても、「やる」と決めたのは自分自身ですからね(*’ω’*)


相手を責めることもあるでしょう。仕方ないです。


でも相手を責める前に、自分を責めてください。




では、本当に基本的なことですが。


リスクを回避するために、自分で出来ることをもう一度見直してみましょう!




次の記事で、リスク回避の為の必要最低限のポイントをご紹介します(^^)/