最近国内の取引所でもある「コインチェック」でも取り扱い開始となった、XEM/NEM(ネム)
このコインは2017年ブレイク必至とも言われています。
無限の可能性を秘めているネム!簡単にご紹介します。

 

〈〈ネムの概要〉〉

ネムはもともと、New Economy Movement(=新しい経済運動)の略称となります。

金銭的な自由、分散化、平等、および連帯感の原則に基づき、新しい経済圏の創出を目標としてはじまった暗号通貨のプロジェクトです。

 

ネムはただの暗号通貨ではなく、暗号通貨としての機能以外にも、重要な機能として、

『ピアツーピアプラットフォーム』

『ペイメント』

『メッセージング』

『アセット作成』

『命名システム』

といったサービスを提供しています。

 

ちょっと難しいかもしれませんが、ざっくり説明するのであれば、『次世代の暗号通貨』でしょうか。

もちろん暗号通貨としての機能もありますが、

それ以上の機能、つまりブロックチェーンの更なる活用を目指しているコインです。

 

 

〈〈具体的なビットコインとの違いは?〉〉

ブロックチェーンシステムというと、ビットコインと性質が似ているように感じますが、少し違いがあります。

その中で1番の違いは、『プルーフ・オブ・インポータンス』です。

 

今日はやけに横文字が続きますね。

 

これは取引の正当性を確約する人が、NEMにいかに貢献しているかで決まる、といったようなシステムです。

 

といいますのも、暗号通貨で使われるブロックチェーンシステムは、取引に正当性があるかないかを皆で判断しますよね。

以前にも説明した、いわゆる「ネット上の帳簿」です。

でも、このネムはその際にその正当性があるかどうかの判断をする権限を誰かに委託するのです。

その委任先がNEMでは「貢献度」で決まるというわけです。

 

そして、スマートコントラクトに特化しているということ。

 

ビットコインと違って、通貨としての機能に特化しているわけではなく、「スマートコントラクト」に特化しております。

この点はイーサリアムでも使われております。

詳しくは『わかりやすく暗号通貨を説明!【イーサリアム編】』をご覧ください。

 

 

〈〈ネムの1番の魅力〉〉

ネムの1番の魅力といえば、やはりそのシステム!次世代の暗号通貨といわれるだけあります。

 

まずは『プルーフ・オブ・インポータンス』システム。

先ほどもちょっとかじりましたが。

 

このシステムは、今までの『コンセンサスアルゴリズム』とは一線を画すものになります。

 

どういうことかというと、もともとの主流は、

「早期参入者に有利」であったり「資金力のある人に有利」なものでした。

 

すると、ブロックチェーンの性質上、そういった人たちが有利になれば、さらにそこに資金は集まり、またさらに集まり…と一部に集中してしまうのです。

 

そうなると、本来『非中央集権型』がメリットであったはずのブロックチェーンに実質、中央集権状態が生じます。

これはビットコインでつくづく私も感じております。

でも、こんな状況を解決する取り組みが「プルーフ・オブ・インポータンス」なのです。

 

『お金持ちがよりお金持ちになる』という循環を変えられる可能性を秘めていると、NEM開発者の一人、武宮誠さんもおっしゃっています。

 

従来の「お金持ち有利」の経済から、より「自由で平等な経済」へと流れを変える仕組みなんですね。

 

私みたいな庶民には、とっても優しいコイン(*’ω’*)

 

今はこのシステムの存在を知った方々が、ネムには無限の可能性があることに気付き、投機している方が増えているそうです(^^)/

ただ通貨としての魅力だけではなく、様々な機能が備わったネム。

特に注目しているコインのひとつです!今後に目が離せません★