イーサリアムクラッシックって!?



今日は暗号通貨ランキング、現在第6位の「イーサリアムクラシック」(Ethereum Classic)についてご紹介します。


なんか聞いたことある通貨!


そう、「イーサリアムクラシック」は、あの「イーサリアム」から分裂した暗号通貨なのです。




イーサリアムクラシックの特徴



イーサリアムクラシックは簡単にいうと、イーサリアムをベースとして、より安全性を重視され作られたコインです。


いわゆる「改良版」という人もいますね。




これは2016年6月に、イーサリアムがランキング2位までのぼりつめた頃、360万ETH(当時52億円ほど)が何者かによって、ハッキングされる事件があり、話題となりました。


この被害を少し詳しく説明すると、イーサリアムはもともと、「プロジェクト」としてすすめられており、そのイーサリアムのプラットフォームを使って生まれた「the DAO」と呼ばれる暗号通貨を経由してイーサリアムがハッキングされました。



この事件を機に、プロジェクトの技術者が2つに分かれてしまいます。


このときの対応として、ハードフォークの処置がなられましたが、これによりハッキングされた通貨は使えなくなってしまい、この対応に一部の技術者が反対しました。




その一部の技術者が新しいプロジェクトとして作ったのが「イーサリアムクラシック」になります。


このイーサリアムクラシックは、イーサリアムのように、誰かが介入して使えなくするような処置はすべきではない、という考えの人たちが集まって作られました。




確かに自分がハッキングなどの不正を行わなくても、自分の持っているお金が「誰かの手によって使えなくすることができる」と考えたら、ちょっぴり恐ろしいですよね。


まぁ、そういうことが出来るのなら、ハッキング被害は減るのかもしれませんが。
難しいですよね。




そんな感じで、イーサリアムクラシックはハッキングの被害にあわないように、イーサリアムよりも拡張性を制限し、セキュリティ面や安全性を向上されているところが1番のポイントになります。



投資に向いているのはイーサリアムクラッシック?イーサリアム?



「イーサリアムクラシック」と「イーサリアム」


やっぱり分裂したコインだと、比較してしまいませんか?


一見改良された「イーサリアムクラシックが良いのかな?」と思った方も多いかと思います。




個人的な見解であり、あくまで「投資」という目でみるなら断然「イーサリアム」でしょう!




まずマーケット規模や技術者の規模が格段に違うんです。


時価総額からもわかるように、イーサリアム>イーサリアムクラシックになります。




もともとクラシックの方は、反対した一部の人が作ったものですので、技術者の数も資金の面でも、イーサリアムに比べれば小規模なんです。


また、マーケットも小さいので、今度不人気になったり、マーケットが縮小されるリスクもあります。




ですので、イーサリアムよりもハイリスク・ハイリターンの投資にはなると思います。


安全圏を狙うのであれば、やはりビットコインの次の人気を誇る、「イーサリアム」の方が良いのかもしれませんね。




とはいえ、イーサリアムは「中央集権型」であり、イーサリアムクラシックは「非中央集権型」になります。


時価総額ダントツ1位のビットコインも「非中央集権型」ですから、


ビットコインに次ぐ、「非中央集権型」の暗号通貨ともなれば、大きく伸びる可能性も出てきますよね!


今後も注目していきましょう★