それでは今回は現在暗号通貨ランキング4位のLitecoin(ライトコイン)について、ご紹介します(*’▽’)


実はこのライトコイン、第2のビットコインと呼ばれる暗号通貨です。




さていってみましょう!!





ライトコインが生まれたのは2011年。


「ビットコインがゴールドなら、ライトコインはシルバーを目指す」という目的のもと、チャーリー・リーによって開発されました。


アルトコインの多くは、ビットコインにはない機能を備えていることが多いです。


例えば、以前ご紹介したイーサリアム。


イーサリアムには、契約を締結する機能がありましたよね。「スマートコントラクト」というやつです。


そしてこのライトコインには、ビットコインと多少の違いはありますが、機能的にはほぼ一緒であり、性能を高めているコインになります。





疑問が出てきましたでしょうか!


「ビットコインとライトコインの違い」どこにあると思いますか?


ゴールドとシルバーの色の違いだけじゃないですよ!





まず、マイニングの難関度にかなりの差があります★




ビットコインは、もう一般人にはマイニングは難しいと以前ビットコインのご紹介をした時に説明をしたのを覚えていますか?


あれだけ人気のビットコインですから、マイニング参加者が多く、専用の機材も必要で、膨大な費用がかかってしまうんですよね。


だた、このライトコイン!


ビットコイン同様マイニングを行うことができ、そして一般的な性能のパソコンでもマイニングが出来てしまうのです!




そして、発行総量の違い!




おさらいです!ビットコインの発行総量は覚えていますでしょうか?(*’ω’*)


はい!2100万枚ですね!


ちなみにライトコインはというと・・・なんと8400万枚なのです!


発行総量が多いから良いというわけではないですし、枚数が多い分ビットコインほどの価値には至らないかもしれませんが、


ビットコインと性能が似たコインですから、市場に出回る量が多く、活発な取引が期待できますよね^^




さらに、決済スピードにも大きな差が!




唯一ビットコインの課題といわれているのが、「決済スピード」


10分ほどかかってしまうそうです。


私からみれば、10分ってそんなに遅い~?と思ってしまうのですが(*’ω’*)


ですがこのライトコイン、なんと2分で完了します。


高速でブロック生成を行えるので、大量の取引処理を可能にしているのです!素晴らしい。









なかなか魅力的ですよね!ライトコイン。


今度値上がりすることがあるかもしれませんが、このコインは現状あまり値動きがありません。




一見つまらなく思うかもしれませんが、裏を返せば、売買利益を目的とせず、暗号通貨を長期保有するならもってこいの暗号通貨だと思います♫


コインチェックでも取引可能となり、日本でも身近なコインになりそうですね。


ビットコインの爆上げ・爆下げに疲れた方、貯金分はライトコインにしておくのはいかがでしょうか?^^