ビットコインとイーサリアムって何が違うの?





今回はイーサリアム(Ethereum)についてご紹介します。



イーサリアムってなに?

当ブログでも何度か説明していますが、イーサリアムは現在、世界ランキング2位のとっても人気の暗号通貨。


まず「イーサリアム」とは、ブロックチェーンの技術を用いて、電子契約を締結させることのできるプラットフォームなのです!





「はて?なんじゃそりゃ?」


ってなりますよね。


私も最初、まったく理解できませんでした(*’ω’*)




簡単に説明しますと、ブロックチェーンについては以前ご説明したように、ビットコインなどの暗号通貨に用いられるシステムですよね。


各取引が発生した場合、その取引が正確なものであるか、不正がないかどうか、監視するためのシステムです。


その取引(暗号通貨の送受信)をする場合、暗号通貨はあくまでネット上の通貨になりますので、そのコインはもともと「誰が保有しており、誰の手に渡ったのか」をわかるようになっており、それを台帳のようなものに記録していて、
その台帳は全世界中の誰もがチェックすることができる為、取引を改ざんすることはほぼ不可能。


こんな感じで、誰も改ざんすることが出来ず、不正の発生しない安全な取引ができる部分がブロックチェーンの魅力であり、大きく評価されている、といった説明も覚えてくれているかと思います(*’▽’)




このブロックチェーンの仕組みはいろいろと応用できる技術であり、もとは単なるデータのやり取りを不正なく行うことが出来るので、そのデータに価値を持たせて通貨にしちゃおうよ!


という感じでビットコインが生まれました。


「ビットコイン=データに価値を持たせた通貨」です。




そして、そのデータの中に「契約」を盛り込んでいこうをいうのが、「イーサリアム」なのです♫




イーサリアムが企業から支持される理由

例えば「佐藤さんから鈴木さんに10,000円を1か月後までに返すので、お金を借りました」


といった約束(データ)をイーサリアムのブロックチェーンに乗せて、お互いに送信します。


その約束(データ)がイーサリアムのブロックチェーンに認証されることで、その約束が締結される。


この契約はブロックチェーンの仕組みを利用しているわけですから、改ざんすることが出来ず、ビットコイン同様、誰もがこの契約を台帳から見ることが出来るのです!


ということは、弁護士や司法書士などの立ち合いはもちろん、書類作成などの法的手続きもすることなく、契約出来てしまいますよね!


そして、その分契約にかかる費用を大幅に削減することが出来てしまうのです(*’ω’*)




私たちにはそんなに縁のないメリットかもしれませんが、企業などにとってはとても革命的なシステムだと思います。


法的手続きってとてもコストがかかりますからね。


こんなシステムが備わっているなら、マイクロソフト社を始め大手企業が目をつけるのも納得ですよね!




今後もイーサリアムには目を離せません(*^^*)