コインチェックで暗号通貨の売買取引

口座開設をし、日本円を入金できたら、いよいよ暗号通貨の売買取引をやってみましょう!

 

コインチェックで取引出来る暗号通貨は?

まず、コインチェックで買える暗号通貨の種類をご紹介します(^^)/
 
コインチェックで買える暗号通貨は今現在、

 

・Bitcoin
 
・Ethereum
 
・Ethereum Classic
 
・DAO
 
・LISK
 
・Factom
 
・Monero
 
・Augur
 
・Ripple
 
・Zcash
 

の10種類になります。
 

コインチェックでの暗号通貨購入方法

 
さて!実際に買ってみましょう!
 
コインチェックにログインし、画面左側メニューの「コインを買う」をクリックしてください。
 

「コインを買う」の画面になりますので、
 
ここから買いたい通貨を選択して下さい。
 
そして、数量を入力します。
 
暗号通貨ごとに、レートが存在しますので、そのレートに合わせてほしい分を入力しましょう。
 
間違いがなければ、「購入する」をクリック。
 
これで、暗号通貨の購入が確定しました!とっても簡単ですよね。
 

コインチェックでの暗号通貨売却方法

 
では次はコインの売却方法についてご説明します。
 
今度は、画面左側のメニューの「コインを売る」をクリックしてください。
 

こんな画面になります。
 
「コインを買う場合」と同じ流れで、コインを売却することができます。
 
・売りたい暗号通貨の選択
 
・数量入力
 
・「売却する」の項目をクリック。
 
 
はい!これで、売却が完了し、売ったコイン分が日本円に変わっていると思います。
 
どうですか?気軽に売買が行えますよね(*^^*)
 
ちなみに購入した各種コインは当たり前ですが、ウォレットに送ることが出来ますし、逆にどこかで買ったコインや保管していたコインを、コインチェック側で受け取ることも可能です。
 

その際、送信する場合は画面左側メニューの「コインを送る」
 
受け取る場合は、「コインを受け取る」を選択し、
また同じように送受信したい暗号通貨を選択し、アドレスなど入力事項を指示に従って入力してきましょう!
 
コインチェックの一通りの操作方法を学んだので、これでビットコインだけではなく、色んな通貨の売買を行えるようになりましたね!
 
 
そこでオススメしたいのが、コインの値動きを利用したちょっとした投資方法です♫
 
「投資?難しそう。」と思わないでください。
 
この売却方法を操作できる人なら、誰でも簡単に出来てしまいます!
 
私でも出来ましたから(笑)
 
 
 
次回の記事では、暗号通貨を利用した投資方法や積立て方法などを簡単にご紹介します!
 
余談ですが、最近よく「ビットコイン」がニュースで取り上げられるのを目にするようになりました。
 
ビットコイン、ビックカメラで決済可能となったのが大きいみたいですね。
 
ビックカメラ側は、海外の人が多く利用する為、そのニーズに合わせたそうです。
さすが!わかってますね!ビックカメラ!(笑)
 
 
街頭インタビューを見るとまだまだ「危険だ」という認識をもつ方もいらっしゃるようです。
 
普及していないし、よく知らないから。当たり前なんです。
 
でも、是非ともこういう人たちにもいつかもっと普及した時にでも、ビットコインを使ってほしいと思います(^^)/
 
しっかり知識をもって、安全に使える人って、やっぱり「危機感」とか「危機管理」がもてる人ですからね。
 
 
ただ、
 
「ちょっと興味はある」
 
「今は全く必要性を感じないが、自分もいつか使うようになるんだろう」といった意見があったり、
 
「持ってますよ!」という意見まで。
 
徐々にビットコインの将来を感じている人も数年前と比べて格段に増えているのだなと感じました。
 
2017年の今年は、暗号通貨元年と呼ばれています!
 
本当にそう言われるように、今年に入ってから目まぐるしく前進していっています(*’▽’)
 
これからもビットコインに注目していきましょう♫