ビットコインで出来ること送金編



以前の記事でも少し触れたのでかぶる部分もありますが、今回はビットコインの利点を生かした便利な使い方を具体的にご紹介します(^^)/

いつでもどこでも!簡単に低コストで送金できちゃうビットコイン!






ビットコインに限らず、暗号通貨を用いれば、いつでもどこでも簡単に低コストで送金できます!


今でこそ、銀行に「インターネットバンキング」なるものが普及してきましたが、


一般的に銀行でお金を送金するとなると、できる時間って決まってますよね。


1日で送金できる金額に制限があったり、手数料がかかったり。


どうしても銀行を介して行うものなので仕方がないのです。




ですがビットコインの場合は中央集権ではないので、管理にコストがかからず、かなりの低コストで送金可能になります。


そして、もちろんビットコインの送金には国内に送ろうが、国外に送ろうが、一切銀行を返すことがありません。


そこも低コストであるポイントになります。




国外の取引を例に考えてみましょう。



質問です!


日本から100,000円を海外に送るとすると、いくらくらいかかると思いますか?


国内送金と一緒?なわけないですよね。


じゃあ1,000円くらいかな?と思いますよね・・


実は約8,000円もかかるんですよ。知っていました?(´・ω・`)


ですがビットコインの送金だとごくわずかですんでしまいます。


まあ海外に10万円送金するなんて、そんなことする人はごく僅かかと思いますが、どうです?


8,000円あったら何ができますかね~?


美味しいごはんも食べられちゃうし、飲みにも行ける!お洋服だって買えちゃいますね!


ビットコインの取引が慣れてきてしまうと、いかに普通の通貨の手数料が高いかを実感しています。


無駄がないっていうのは良いことですね、本当!




日本人にはあまりメリットは感じられないかもしれません。


しかし、世界単位で考えてみてください。




そもそも銀行口座を持っている人は、世界で約50%なんですよ。




残りの数十億人は銀行口座を持つことすら難しいのです。




ただ、現状、銀行口座は持たずとも、インターネット環境を持つ人や、スマートフォンを持つ貧困層は急激に増えており、これからもどんどん増えることでしょう。




ではそのような人たちが、どういう風にお金を管理し、送受信を行うと思いますか?




そうした時に、暗号通貨の役割って非常に期待できませんか?




このような背景が、ビットコインを含め、暗号通貨の普及に繋がっているのでしょうね。