ビットコインを発掘!?

ビットコインの仕組みを理解する上で、押さえておきたい内容。


前回の記事で、ブロックチェーンについてご紹介させて頂きましたが、


次は「マイニング」にていて理解を深めていきましょう!

ビットコインの仕組 マイニング編



聞きなれない言葉ですよね。マイニング。


ちなみに直訳すると「発掘」


マイニングとは一言でいうと「ビットコインの信頼性を保つことを手伝って、お礼としてビットコインを受け取ること」です。





んんん?!ですよね。


ビットコインの取引記録ってすごい量になるんです。


ビットコインはインターネット上の通貨ですので、この膨大な取引記録はコンピューターにより計算されて、追記していきます。


ちなみに上記の画像はマイニング工場。


個人でマイニングしている方もいますが、普通のコンピューターではまずできないくらいの計算量なんですよ~。




そんな感じで、すべての取引記録などを計算して追記する作業はとても大変なので、その作業を手伝ってくれた人にお礼を支払うというしくみになっています。


前回の記事で記載した、大昔の取引記録で使用されていた「石盤」思い出してください。




1人で石盤にすべての情報を書き込むのは、かなり大変ですよね!無理無理!




なので、取引記録を計算して追記してくれ、ビットコインの安全性・信頼性を保つことに協力してくれた人に、「ありがとう」の気持ちとしてビットコインを払いましょう♫ということです。




その報酬のビットコインは新たに発行されたビットコインで支払われます。




この一連の流れを「マイニング」といいます!




ブロックチェーンと同様、ここも100%理解するにはまだまだ奥が深い話なので、この程度覚えておけばOKです。




マイニングは日々行われていて、そのおかげでビットコインの安全性が保たれています。




ちなみに、一般のビットコインユーザーは、どのタイミングでどれくらい払ってるの?と疑問に思った方もいますよね?


タイミングとしては、ビットコインの取引の時です。


ビットコインの取引は主に、「送信」と「受信」があり、私たちがどこかにビットコインを「送信」するときに手数料がかかります。


銀行でいうところの、振込手数料ってやつですね。




その手数料が「マイニング」のお礼になっています(*^^*)




そして手数料の金額としては、その取引量(数値が大きい小さいではなく、あくまで計算量)により多少異なりはしますが、日本円でいうと大体数円~数十円でできることが多いのです。




銀行だと振込に何百円とかかりますよね。


仮に海外の口座に送金しようとすると、1000円~は超えていきますし、実際に入金が反映されるまで数日かかるのがほとんどです。




ですがこのビットコインは、国にとらわれない、世界共通の通貨です。




どんなに遠くの国に住んでいるお友達や家族に送金しても、たったの数十円の手数料。


そして瞬時に取引が記録されるビットコイン。




とても画期的ですよね(*^^*)




この利便性に気付いた人や企業はぞくぞくとビットコインを活用し始めています。




個人間での取引やお買い物でも利用可能ですが、この利便性を利用したビットコイン投資なんかも話題ですよね!




そのうち、そういった活用方法なんかもご紹介していこうと思っています。




ブロックチェーンとマイニングを学習したので、大体のしくみは理解できたと思います。




次回はビットコインの特徴についてご説明しますね(*^^*)