ビットコインってなに??



そもそもビットコインってどのようなものなのでしょうか。




簡単にいうと、「インターネット上で使える、仮想のお金」です。



アプリのゲームだとか、インターネットゲームの中で使える通貨ってありますよね。


そのゲーム内で使える仮想の通貨です。


そのようなものだとお考え下さい。




ビットコインも同じようなもので、ビットコインを持っていたら、ビットコインが使えるところで、モノやサービスを現実の世界で買うことができるのです。


では、「じゃあ電子マネーと同じじゃないか?それならもう用は足りてるよ!!」と思う方も多いと思います。


よく、ビットコインは電子マネーのようなものと説明される方も多いのですが、似ているようで全く別物なのです!


電子マネーとビットコインは全く違います(*^^*)



わかりやすく説明すると、電子マネーとは、前回の記事でも載せたように、お買い物をするときや電車に乗る時などに、便利に支払いを済ませる為に「円」を通貨に形を変えたものですよね。


ビットコインは電子マネーのように、カードであったり、スマートフォンであったり何か端末に日本円をチャージするわけではないのです。




ビットコインで何かを購入する時、「円」の通貨を「ビットコイン」に両替しなければなりません。




チャージではなく、両替なのです。




円をドルに両替するのと同じようなもので、例えば、どこか海外に旅行するとしましょう。




ご存じの通り、日本円は外国では使えませんよね。




必ず「円」を「ドル」だったり「ユーロ」だったり、その国々で使われている硬貨を換金所で両替すると思います。




その両替と同じで、ビットコインを円に変えたり、円をビットコインに変えたりして使用します。




ここで換金所の役割を果たしてくれるのが、国内の有名なところでいうと「ビットフライヤー」や「Coincheck」といったビットコインを含む、暗号通貨の「取引所」です。



まとめ

・電子マネーは通貨の形を変えたものであり、通貨ではない


・円やドルのように両替できるビットコインは、通貨である


・ただし、円やドルのように形(紙幣や硬貨)として存在していない為、仮想の存在である


・円やドルの両替は「換金所」であり、ビットコインの両替は「取引所」で行う




ご理解い頂けたでしょうか?


次の記事では、ビットコインとお金の違いやしくみなど、わかりやすく説明しますね。