最近「ビットコイン」ってよく聞きませんか?

 

2016年、あのビル・ゲイツ氏がプレジデント誌で「(暗号通貨の出現で)今ある銀行は必要なくなる」と発言し、話題にもなりました。

 

21世紀最大の革命ともいわれるビットコインですが、注目されてきてはいるものの、日本の中では知名度もまだ低く、他国に比べ、ビットコインを含む、暗号通貨はほとんど普及していないのが現状。

 

・名前は聞いたことあるけどわからない!

 

・興味があるけど、まったく仕組みがわからない!難しい!

 

そんな方も多いのではないでしょうか。

 

知らなくても不思議ではないのです。先進国の中でこれだけ暗号通貨の普及が遅れているのは日本くらいなのですから。

 

日本人は日常に普及していないものに抵抗をもち、少し様子を見てから使い始める人って多いですよね。

 

似たような例でいうと、電子マネーやスマートフォン!

 

電子マネーは、お店でのお買い物なんかにも使えますが、一番身近に感じる人が多いのは公共交通機関で使用できるICカードだと思います。

 

ICカードが取り扱われた直後、思い出してください。

 

別にそんなもの、わざわざ使わなくても良いし…って思っていた方、ご自身含め、周りにいませんでしたか?

 

今や多くの方が利用し、全国的にもICカードのみの改札口が増え、紙のカードも廃止される地域が出てくるなど、かなりの浸透率がわかります。

 

 

そしてスマートフォン!

 

 

私は出てきた当初、なかなか受け入れられませんでした(笑)便利だとはわかっていたのに、こんな機能必要ないと。

 

何故でしょうかね。

 

日本人の特性である周りに流されやすい、という特性のもと、いつからか私もスマートフォンを持ち始めましたが、もうガラケーには戻れません!

 

 

フューチャーフォン(ガラケー)にも根強いファンや、長く利用されている方もいらっしゃいますが、もう既にスマートフォンの普及率は77%を超え、生活の中で身近なものになっています。

 

少し話がそれてしまいましたが、このようなものが始めは抵抗がある人が多かったのに何故身の回りに浸透したか、わかりますか?

 

それは、流行りでもなにものでもなく、機能性が優れ便利だからです!

 

便利なものは、決して流行りでは終わりません。

 

これは、今回ブログで取り上げている、ビットコインにも言えることなのです。

 

 

断言します!

 

近い未来、必ず日本で普及します。

 

 

まだ日本では普及していないといいましたが、今年4月には日本でもビットコインに関しての法改正がなされます。

 

国が、ビットコインを通貨として認めた証です!

 

これから確実に日本でも注目が集まるビットコイン、難しいと避けていても当たり前になる時代がもうすぐそばにきています!

 

これを機に、暗号通貨について少しずつ勉強していきませんか?

 

このブログでは初心者の方にも基礎からわかりやすく、暗号通貨の魅力をお伝えしていきます。

 

よろしくお願いします(*^^*)

 

SPONSORED LINK





 

 

オススメ記事ランキング

  1. 世界で最も流通している通貨『ビットコイン』

    暗号通貨の中でも、もっともメジャーな「ビットコイン」。それがどのようなものなのか、簡単に解説しています

  2. 『ビットコイン』と『お金』の違いって??

    お金とビットコインの違いについて、説明しています

  3. 絶対知ってほしい!『ブロックチェーン』

    ビットコインを始める際に知っておくべきことをまとめました